注文住宅に関する基本的な知識と理想的な家作り

住宅模型

気候に合わせた暮らしを

積み木

気密性と断熱性を重視

福岡は、日本では比較的南方に位置している地域です。その上、風の流れを阻む山々が連なっていることから、夏には気温や湿度が国内平均をよく上回ります。それでいて冬には、日本海側から強い北風が吹いてくるため、冷え込むことが多いのです。このように寒暖の差が激しいことから、福岡では多くの人が住まいに注文住宅を選んでいます。注文住宅なら、福岡の気候に合わせて建てることで、規格通りに建築された建売住宅よりも快適に過ごすことが可能となるのです。福岡では特に、ツーバイフォー工法で建てた気密性の高い注文住宅に人気があります。気密性が高いということは、それだけ屋内に湿気が入りにくく、湿度が安定しやすいということです。また、壁や床の内側に硬質ウレタンフォームを吹きつけた注文住宅も、注目されています。硬質ウレタンフォームは、木材のわずかな隙間にも入り込むので、吹きつけることで気密性が一層高まるからです。さらに、熱気や冷気が伝わることを防ぐ働きもするため、気温が高い日でも低い日でも、屋内では過ごしやすい室温が保たれやすくなるのです。もちろん注文住宅は、構造や素材だけでなく、デザインや間取りもオーナーが決めることができます。ガラス張りのサンルームや螺旋階段なども設置できるので、これによりオリジナリティのある住まいとなります。トレンドに左右されない個性を重視する人が多い福岡では、その点からも注文住宅がよく選ばれているのです。