注文住宅に関する基本的な知識と理想的な家作り

住宅模型

土地探しが重要

内観

道路の幅もチェック

神奈川県内は住みやすいエリアが多く、マイホームを持つにはおすすめです。土地の価格が高いエリアもありますが、神奈川県内にはお手頃な土地価格のエリアもあり、注文住宅を建てやすくなっています。注文住宅を建てるという場合、購入する土地選びは慎重に行う事が重要です。神奈川県内には閑静な住宅街もあれば、人通りの多いエリアも少なくありません。購入する土地によって、マイホームの環境が大きく変わるのです。土地を選定する際、周囲の環境や日当たり具合といったポイントを、抑える方は多いでしょう。ただ、これだけでなく道路の幅というものも、チェックしなければいけません。注文住宅を建てる上で道路の幅は、あまり関係ないように感じる方も多いでしょう。実は道路の幅によっては、家が狭くなってしまう恐れもあります。4メートル未満の道路に面している土地を購入した場合、セットバックしなければいけないのです。セットバックとは道路から後退して、注文住宅を建てないといけないとう特徴があります。4メートル未満の道路に家を建ててしまうと、道路が狭くなり様々な危険性が考えられるためです。道路の反対側が住宅である場合は、道路の中心から2メートルセットバックする必要があります。道路の反対側が路線や川、がけといった場合であれば、道路の中心から4メートルもセットバックしなければいけないのです。セットバックすると敷地面積が狭くなり、十分な広さを確保できないケースも考えられます。このようなリスクを避ける為にも、神奈川県で注文住宅を建てる場合は、土地に面した道路の幅もチェックしましょう。